担当者名:チェル事務局
事務局スタッフのMシマです。
団体の愛称は「チェル」です。
よろしくお願いします。
文責はMシマ個人にあります。
必ずしもチェルの公式見解ではないのでご了承ください。
ベラルーシのドクターが来福
グリーンコープさんでの講演会(福岡市博多区)


獨協医科大学国際協力支援センター国際疫学研究室の科学研究費補助金事業「チェルノブイリ被災地調査に基づく中・長期的原発事故後影響の予防医学的研究」( 代表者: 木村真三准教授) による招聘で、3月1日(土)よりベラルーシ共和国のアルツール医師、ウラジミール医師(ブレスト州立内分泌診療所、チェルの甲状腺がん検診プロジェクト開始当初からのパートナーでもあります)の2名が来日中です。

福島での講演会や会議、東京での関係機関訪問などを終え、昨日の午後に福岡へ到着されました。

昨日は、日頃大変お世話になっているグリーンコープさんを訪問。

グリーンコープ共同体理事会メンバーの皆さんを対象とした講演会にてベラルーシにおける甲状腺がんの現状などについてお話と、支援に対するお礼の言葉を伝えました。



グリーンコープの皆さんと記念撮影



ウラジミールさん(左)、アルツールさん(右)と再会を果たしたH理事

今日は18時半より福岡学生交流会館にて講演会を開催します。参加費無料。まだ席に余裕がありますので、ぜひご来場ください。詳しくはこちらをご覧ください。


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

 いつも活動日記を読んでいただき、ありがとうございます。

 ★1 click for 4円(en)★
 -- クリック募金にもご協力ください --

 下の広告バナーをクリックすると、
 4円がチェルノブイリ医療支援ネットワークに寄付されます。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪
2014-03-06 08:51 | 記事へ | ブログ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/chernobyl/1/trackback/246/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。