担当者名:チェル事務局
事務局スタッフのMシマです。
団体の愛称は「チェル」です。
よろしくお願いします。
文責はMシマ個人にあります。
必ずしもチェルの公式見解ではないのでご了承ください。
福岡市立壱岐中学校へ行ってきました
活動紹介をするT理事


9月24日(火)、福岡市立壱岐中学校へ行ってきました。

3年生全クラス(計240名)を対象とした国際理解学習の時間で、福岡を中心に活動するカンボジア地雷撤去キャンペーンさん、フレンズ国際ワークキャンプ九州さん、そしてチェルの3団体がそれぞれの活動を紹介させていただきました。

約20分で、原発事故の概要、ベラルーシの文化、チェルの成り立ちや現在の活動、今後の展開などについてスライド写真を交えてお話をしました。

生徒さんはどの団体のお話にも熱心に耳を傾けて、チェルのときは「原発事故で大人にはどんな影響があったか?」「放射能の後遺症にはどんなものがあるのか?」といった質問がありました。

一人でも多くの方がベラルーシの文化やチェルの活動について興味を持ってくれたらいいなーと思います。

ちなみにその前日、23日(月祝)にはベラルーシへ向けて調査団一行が成田を飛び立ちました。モスクワ経由で空路10時間以上をかけ、無事にベラルーシの首都ミンスクに到着したと連絡がありました。

現地では雨が降っていて、ちょっと寒いようです。

昨日までミンスクに滞在し、今日からモギリョフ州での調査、ふたたびミンスクへ戻って先生方と合流し、ブレストでの医療活動を行う予定です。

訪問のようすは帰国後に会報などで報告しますのでどうぞお楽しみに☆



♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

 いつも活動日記を読んでいただき、ありがとうございます。

 ★1 click for 4円(en)★
 -- クリック募金にもご協力ください --

 下の広告バナーをクリックすると、
 4円がチェルノブイリ医療支援ネットワークに寄付されます。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪
2013-09-25 15:21 | 記事へ | ブログ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/chernobyl/1/trackback/227/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。