担当者名:チェル事務局
事務局スタッフのMシマです。
団体の愛称は「チェル」です。
よろしくお願いします。
文責はMシマ個人にあります。
必ずしもチェルの公式見解ではないのでご了承ください。
つながることから社会を変える
(たぶん)ジャムをのせたブリヌイ/Блины
ひき肉や玉ねぎを炒めたものを中に詰めたりなど、色々な種類があるようです


今日は一段と寒いです。しかし北の方の地域にくらべると、きっと大した寒さではないのでしょう。

さて昨日は、福岡市NPO・ボランティア交流センターにて開催された「NGOと企業の連携シンポジウム」に参加してきました。



後半部では、九州版の企業とNGOの連携ネットワークについて、
FUNN理事のたっきーさんからご提案がありました


参加者は、企業の方、NGO関係者、学生さんなど。平日の午後にもかかわらず、満席に近い状態。
さすがFUNNの皆さん、広報が行き届いていますね。

第1部は、(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)の富野さんによる基調講演。

内容は、NGOの概要や、企業とNGOとの連携やその意義、連携の事例紹介などなど…。

グローバルイシューの解決という共通の目的を持つのはもちろんですが、企業にもNGOにも双方にメリットがある、プラスになるといったwin-winな関係を作るのが大事、というお話に「なるほどー」と改めて思いました。

NGOが展開する事業全般にも言えることですが、やはり独善的であってはならないので、常に評価、検証することって大事ですね。

休憩をはさんで第2部は、4-5名のグループに分かれての意見交換会。

「企業とNGOが連携するためにはどうすればいいか?」「連携のためにはどんなモノ、コトが必要か?」といったテーマで話し合いました。

出てきた意見は、「情報」「出会い、交流の場」「マッチング」「お互いを知ること」といったような企業、NGO双方からのアプローチの方法や、それらをコーディネートする役割の必要性など、多義にわたっていました。

今後は福岡、九州ならではの地域性、強みを生かした連携が推進されると良いなと思います。


♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

 いつも活動日記を読んでいただき、ありがとうございます。

 ★1 click for 4円(en)★
 -- クリック募金にもご協力ください --

 下の広告バナーをクリックすると、
 4円がチェルノブイリ医療支援ネットワークに寄付されます。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪
2013-02-08 10:09 | 記事へ | ブログ | コメント(2) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/chernobyl/1/trackback/197/
2013-02-08 15:06 by ほんだ
昨日はご参加いただきありがとうございました!
いくらFUNNでも?平日の午後開催のイベントに人が集まるか心配でしたが、皆さんの協力のお陰で多くの方にご参加いただき、無事に成功することができました。
次は2月21日のNGOと大学の連携シンポジウムでお世話になりますが、よろしくお願いいたします!
2013-02-08 17:17 by Mシマ
昨日は大変お疲れ様でした。
色々な方のお話を聞くことができ、大変有意義な時間でした。
ありがとうございます!
次回のシンポジウムでもどうぞよろしくお願いします。
そして遅くなりましたが、福岡市市民国際貢献賞受賞おめでとうございます!
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。