担当者名:チェル事務局
事務局スタッフのMシマです。
団体の愛称は「チェル」です。
よろしくお願いします。
文責はMシマ個人にあります。
必ずしもチェルの公式見解ではないのでご了承ください。
参加型評価セミナーin福岡に参加!
演習△膿新に考え中のヒラメ組の皆さんと講師の田中さん(写真右より2番目)


5/29(土)に福岡市内で開催された、「参加型評価セミナーin福岡」(JICA九州主催)に参加してきました。

今回のセミナーの参加者は計20数名で、福岡の他、佐賀、大分、宮崎、そして広島からの参加もありました。
NGO関係者、協力隊OB、大学生などで、意外と福岡のNGOからの参加が少なかったなぁという印象です。

以下、プログラムに沿って報告していきます。

<自己紹介>
名前(ニックネーム)、所属、「評価」に対するイメージを紙に書いて、発表しながら各々の自己紹介をしました。
その後、4−5人のグループに分かれての作業となりました。

<講義&質疑応答>
「評価って何?」という基礎的な知識や従来型の評価と参加型評価との違い、参加型評価の進め方(評価設計、データ収集&分析、結果のまとめと報告)などについて講師の田中博さんから説明がありました。

<演習 
「ストップ・タバコ・キャンペーン(STC)」という架空の事業をもとに、グループごとに参加型評価を実際にやっみて、その発表を行いました。

架空の事業ということで、最初の段階の「評価設計」の部分を行いました。
評価シートを使い、
*誰が評価するの?
*評価する目的は?
*評価する事業の概要(活動、投入、期待される結果、事業の目標、究極的な目標)
*評価設問(何を知りたいか)
*データ収集方法と収集対象
を書き出し、模造紙にまとめました。

実際にやってみると各班によってこの評価設計が異なり、「目的」からスタートする班もあれば、なぜこのSTC事業をはじめることになったかという背景を想定してから始めるという班もあり、おもしろいなぁと思いました。

<事例紹介>
(特活)ソルト・パヤタスさんによる事例紹介がありました。

ソルト・パヤタスさんでは昨年、JICAの「NGO海外プロジェクト強化のためのアドバイザー派遣」という制度を利用され、今回の講師の田中さんとともに現地プロジェクトの参加型評価を実施されました。

報告の中では、その前の演習,任笋辰辛床狙澤廚梁勝▲如璽深集&分析、評価結果のまとめと報告という部分まであり、ソルト・日本/フィルピンスタッフ間での結果の違いなどが見られ、興味深い内容でした。

<演習◆
,紡海、今度は実際にやっている事業を取り上げての演習でした。
事務局スタッフMシマ(+途中から参加の理事T)の入った「ヒラメ組」(※)では、チェルの「ベラルーシでの甲状腺ガン検診」の評価を行いました。

(※)最初の自己紹介の後に5つの班に分かれ、「福岡(博多)=魚おいしい」ということで、各班が魚にちなんだ名前(カレイ、サバサバ、コノシロ、ナマコ、ヒラメ)をつけました。

内容は演習,汎韻故れですが、今回は実際の事業ということで、まず簡単にチェルの活動や事業の問題点、課題などを説明してから、作業に入りました。
チェル関係者でない外部の方にも評価に加わっていただき、とても新鮮な感じでした。

できあがった評価シートはセミナー終了後にいただくことができ、現在事務所の壁に貼ってあります。

その他の班では、ミャンマーへのスタツア事業、フィリピンへの文房具を贈る事業などがありました。

<まとめ>
最初の自己紹介で書いた「評価」に対するイメージについて、セミナーを受けてどのように変わったのかを各々がもう一度書き出し、発表をしました。

セミナー前はどちらかというとマイナスなイメージが多かったですが、セミナー参加後はプラス思考なものに変わっている人がほとんどだったように思います。
長時間のため、さらに頭を使う作業もあり、正直ちょっとしんどかったですが、とても楽しいセミナーでした!

<おまけ>
(途中参加の理事Tより感想など)
「評価」と漠然と言っていますが、評価設計という考え方(誰が、何のために、何について、どうやって・・・と組み立てる)も興味深く思いましたし、また、評価結果を関係する現地や日本の関係者(ステークホルダー)でちゃんと共有する、という点もなるほどなと思いました。

誰もが同じ密度で活動全体を把握することは難しいところですが、こういった参加型評価セミナーから学ぶものは多くありました。
問題の所在、評価の目的や内容について、図にしたりチャートにしたりして目に見えるようにすることだけでも、整理されてくる気がします。

今後の活動に役立てていきたいと思います!

セミナー関係者の皆様、お疲れ様でした!
ありがとうございましたぁー!!

事務局ブログでも、写真を少し加えて紹介しています★
2010-06-01 12:16 | 記事へ | ブログ | コメント(1) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/chernobyl/1/trackback/13/
ミッシー様
研修お疲れ様でした。
たまたまお隣に座らせていただき楽しく受講できました。
本当に知らない事が多くてとってもためになりました。
今後に活かして頑張りましょう!
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。