担当者名:ビッグイシュー基金スタッフ
ビッグイシュー基金の日々の活動を紹介します。スタッフの声だけでなく、『ビッグイシュー日本版』販売者さんたちの生の声もお届けしていきます!
12月定例サロン@東京
12月10日(土)、四谷ひろばにて12月の定例サロンを開催しました!
年内最後の定例サロンは落語の公演とクリスマス会も同時開催ということで、たくさんの販売者さんやボランティアの方々がいらっしゃいました。飾り付けもありいつもより賑やかな会場です!


この日の司会は趣味が「料理」と「寝ること」の販売者Sさんです。内容盛りだくさんだった今月の司会を見事に務めてくれました。
 
まずは恒例のビッグイシュースタッフからの報告です。
11月に実施した読者アンケートは大変多くの方に協力していただき、1207通の返信をいただきました。
ありがとうございました!
結果を共有して話し合い…といきたいところですが、来月に改めて実施することになりました。
次に、代表の佐野から次号の紹介です。12月15日発売の次号の表紙はTINTIN(タンタン)です。エアロスミスのロックな表紙から一転、可愛い表紙に癒されること間違いなしですね!

次に、会場の模様替えをして、三遊亭鳳好さんの登場です。
年に1度の落語。販売者さんの期待も高まります。この日の演目は「芝浜」、年末にぴったりの夫婦の人情話です。


夜明けの情景の美しさや女房が泣く姿など、三遊亭鳳好さんの表現力によって物語がより一層暖かくなったように感じました。また、会場が大いに笑う場面もたくさんあり、大変楽しいひと時を過ごすことができました。

そして最後は2度目の模様替えをして、クリスマス会です!!
軽食と飲み物を用意して皆で乾杯!

 

久しぶりに会った人、初めて会う人同士…一年の終わりに様々な話で盛り上がりました。
素晴らしい落語の後だったからでしょうか、笑い声や笑顔に満ち溢れた会になったのではないかと思います。
中にはタイガーマスクの仮装をする販売者さんもいらっしゃいました。


会の途中では、サンタさんとトナカイさんが登場!
サンタさんのウクレレとキーボードの演奏により、全員で「上を向いて歩こう」を合唱しました。
最後にサンタさんとトナカイさんから、外資系企業の社員の方から頂いたクリスマスプレゼントを販売者さんに配布しました。

 
今年一年お疲れさまでした!

一年の締めくくりにふさわしい定例サロンになったのではないでしょうか。
素晴らしい落語を披露してくださった三遊亭鳳好さん、参加してくださったボランティアの皆さん、クリスマスパーティの準備をしてくださった方々、そして素敵なクリスマスプレゼントを贈ってくださった社員の方々、本当にありがとうございました。

(ビッグイシュー基金インターン岩井)
2011-12-13 17:16 | 記事へ | イベントのご報告@東京 | コメント(0) |
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。