担当者名:AOHブログ管理@祐子
●HIV感染その一歩手前にはSTIの蔓延。将来のパパママ予備軍にお伝えしたい情報

●震災支援河内避難支援
2012年12月01日
世界エイズデーです
平成22年度「世界エイズデー」イベントについて|報道発表資料|厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000x148.html


日本の状況 エイズ動向委員会報告 - API-Net
HIV感染者及びエイズ(AIDS)患者報告数の推移 - 社会実情データ図録


HIV/エイズ基礎知識検定 - Yahoo!みんなの検定

http://minna.cert.yahoo.co.jp/cisal/324062



RED RIBBON LIVE



↑ 以下引用
RED RIBBON LIVEでは、一人でも多くの方にレッドリボン運動を知っていただきたいとの思いから、
「RED RIBBON LIVE」へのリンク用バナーを配布しています(無料)。
2012-12-01 00:50 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/107/
2012年04月22日
ご冥福をお祈りします
2012-04-22 10:57 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/101/
API-Net 「世界エイズデー」キャンペーンテーマについて
一緒にテーマを考えよう
 「世界エイズデー」の国内キャンペーンテーマに関するご意見を募集します。
 厚生労働省と公益財団法人エイズ予防財団は、毎年12月1日の世界エイズデーに向けて、国内キャンペーンのテーマを設定しています。そのテーマの決定プロセスに多くの人が関与していただけるよう、エイズ予防情報ネット(API-Net)を通じて皆さんのご意見を広く募りますとともに、東京と大阪で公開のフォーラムを開催します。

 テーマの募集期間は平成24年4月16日(月)から5月20日(日)までです。

 フォーラムの日程は以下のとおりです。どなたでも参加できます。

《東京》
  日時:5月9日(水)午後6時半〜8時
  場所:ねぎし内科診療所 多目的室
     〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目9番地 光明堂ビル5階

《大阪》
  日時:5月18日(金)午後6時半〜8時
  場所:大阪検査相談・啓発・支援センター「chotCASTなんば」 オープンスペース
     〒556-0011 大阪市浪速区難波中1-6-8 イチエイ総合ビル3階

詳細は公式サイトへ
http://api-net.jfap.or.jp/lot/2012camp_theme.html
2012-04-22 10:37 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/100/
2012年02月24日
検査は匿名・無料です
 若い人ほど、性的好奇心も興味もそれに接する機会も
多いように思うのですが、なかなか浸透しませんね。

 何回も言いますが、このような記事がでるたびに
同性愛者が異性愛者より感染率が高いように出ますが
異性愛者の意識が低いだけで、圧倒的に多い異性交遊に対して
マイノリティのほうが検査に能動的な部分が大きいだけで
まるで無縁と思っている中年ストレート男性などがもっと
積極的に検査に行ってくれたらと思います。

 例えば外国で開放的になって、体液の交わる行為したこと
おありの方など、心当たりがあるなら是非検査に。


昨年の新規エイズ患者報告は467件−速報値、過去最多と同水準(医療介護CBニュース) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00000007-cbn-soci


昨年の新規エイズ患者報告は467件−速報値、過去最多と同水準

医療介護CBニュース 2月24日(金)21時16分配信









新規のエイズ患者報告数とHIV感染者報告数について説明する岩本委員長=右(24日、厚労省内)

 2011年(10年12月27日-11年12月25日)の新たなエイズ患者報告数は467件で、過去最多だった10年の469件とほぼ同水準だったことが24日、厚生労働省エイズ動向委員会(委員長=岩本愛吉・東大医科学研究所教授)の年間報告(速報値)で明らかになった。「(確定値までに報告数が)増えることがある」(厚労省担当者)ため、過去最多を更新する可能性もある。

 新規HIV感染者の報告数は1019件で、前年から56件減った。ピークは08年の1126件で、09年以降は1000件台で推移している。また、11年の1年間に保健所などで行ったHIV抗体検査件数は13万1243件で、前年から313件増えたものの、ピークの08年からは4万5913件減っている。相談件数は16万3006件で、前年から1258件減った。
 同日の委員会では、「(HIV感染者数の増加に)『鈍化傾向が見られ始めている』という意見と、『(HIV抗体)検査件数が同じ傾向を示しており、鈍化しているとは言い切れない』という意見の両方が出た」(岩本委員長)という。

 新規エイズ患者の感染経路は、同性間の性的接触が54%(250件)、異性間の性的接触が28%(131件)などだった。一方、HIV感染者は、67%(685件)が同性間の性的接触、20%(208件)が異性間の性的接触などだった。母子感染も1件報告された。

■新規HIV感染者数が過去2番目の多さ―11年第4四半期
 また、11年第4四半期(9月26日-12月25日)の発生動向も公表された。それによると、新規HIV感染者報告数は294件で、四半期ベースでは過去2番目に多かった。新規エイズ患者報告数は106件だった。
2012-02-24 23:15 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/97/
2011年12月11日
エイズ予防、広島で啓発 学生ら冊子配布(中国新聞オンライン)
12/1は世界エイズデーでした。

各地で色々なキャンペーンがありました。
ヤフーでは毎年特設コンテンツも設けられています。

エイズ予防、広島で啓発 学生ら冊子配布 - 医療・健康 - 中国新聞
http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An201112110116.html

こちらの中国新聞ONLINEさんの記事で
一県内での発症者数が過去最多9人を上回るペースだと
報じられていました。

※保健所などでの検査件数は09年から減少が続いているそうです。

検査者数は減少しているのに新感染者、発症者は増加している。
これは、HIVウイルス感染への関心が薄れてきつつあり、心当たりがあっても
検査に行くという行動に直結しないまま、知らずに
予防をしないでの行為を繰り返し相手に感染、
発症してから初めて気づく、という可能性を意味しています。

検査は匿名で受けられますし、無料です。
どうか、行ってみてください。

早期発見で発症を遅らせることもできます。

そして、一番重要なのは、感染していたとしても悲観しないでください。
日本の医療は発達しています。医療従事者も毎日一生懸命働いています。

無知から生まれた差別で傷ついた人を知っています。
正しいと思っている知識が間違っている場合もあります。
だから、正しい知識を身に付けて欲しいと思っています。
できるだけ、早いうちから。
小学校高学年〜中学くらい。

知らない人には、知っている人が教えてあげてください。
とてもシンプルな事のはずだと思っています。

厚生省から啓蒙用に小冊子とコンドームを貰っています。
無料配布していますので、いつでもお申し込みくださいね。

性感染症、HIV感染予防、AIDS発症者支援、差別をなくす正しい情報の啓蒙サイト
http://npo.sngm.net/index/
2011-12-11 17:56 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/94/
2011年09月13日
なぜ日本だけ増えるHIV感染者
 少し遡りますが、6月10日(金)J-CASTニュースで
ノンフィクション作家の石井光太さんが日本におけるHIV感染症の現状を語られた回のアーカイブをご紹介します。

※ユーストリーム「J-CAST THE FRIDAY」(毎週金曜、12時半〜)より



コチラ

 東北大震災においてお母さんやお子さんの避難のお手伝いをさせて貰っておりますが、元来の活動上に何か役に立てることはないかと、専門機関に問い合わせたのですが、非専門家の一団体に出来る事のあるなしよりも先に個人情報の保護という事が大きい壁でした。

 しかしながら、長期にわたる支援が必要であると思われますので、何らかの形で被災された方々には継続的に寄り添っていきたいと考えている次第です。(無理のないように、細くても長く)
2011-09-13 00:51 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/87/
2011年07月09日
世界のエイズ感染者3400万人
2011年7月5日(火)22時0分配信 週刊実話さんの記事 

セクシュアリティについて関心がある人は検査に行く確率が
高いですが、そうでない、自分には無関係だと思っている
いわゆる、普通の人が普通の人との性的接触によって
知らずに感染し、結果広めてしまっているケースがあります。

対岸の火事ではない、と考えて検査は無料だし匿名だし
決してマイナスな事は一つもありませんので
検査を受けに行ってみませんか?

世界のエイズ感染者3400万人 先進国で唯一増加する日本の性と風俗 〜ジャーナリスト・志村岳〜(1) - 速報:@niftyニュース.
2011-07-09 08:21 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/79/
2011年04月24日
東北地方自治体のHIV検査の影響についての情報を
東北HIVコミュニケーションズ様の公式HPで
随時更新されています。
(被災された方で抗HIVを処方されている方への情報も)

http://www16.plala.or.jp/thc/

青森県:岩手県:宮城県:秋田県:山形県:福島県
の各自治体からの回答を細かく更新されていらっしゃいます。
2011-04-24 17:31 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/69/
2011年02月13日
新規エイズ患者、過去最多 2010年、検査は減少
昨年の第4四半期(10〜12月)の状況も発表。感染が新たに判明したのは422人で、四半期ベースでは過去最多を更新。うちエイズ患者は119人

厚生労働省のエイズ動向委員会は7日、
昨年1年間にエイズウイルス(HIV)感染が
新たに判明した人は1503人報告され、
うち既に発症したエイズ患者は453人で過去最多
だったとの速報値を発表した。
1503人は2008年に次ぎ2番目に多い。
エイズ患者が占める割合は30%で2年連続で増加した。


対して、検査を受けた人の数は2年連続減少しているそうです。

そして、この記事文中にある陽性者の割合とセクシュアリティですが
一見、多く見えますが、これは、あくまで「検査を受けに行こう」という
心がけのできている人達の数であり、ストレート男女間における
性交渉時も、コンドーム不使用であったり、出血を伴う
あるいは、体液と粘膜の接触に傷口などでも可能性はあるのです。
絶対数からすると【自分には無関係】とは決して言えないのが現実です。

同性愛者や性風俗従者の絶対数が少ないのに検査に行く人が多いだけであると言えませんか?
海外で、またはお金を渡して若者と、コンドーム無しでの
性行為をした経験のある方、検査は無料で匿名です。
感染していたとしても早目の治療が効果的です。
どうか、対岸の火事と思わず、一度検査を受けてみて下さい。

参照リンク●2011/02/07 23:01【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020701000669.html
2011-02-13 20:54 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/56/
2011年01月18日
政府インターネットテレビ【23ch】のお知らせ
政府インターネットテレビ 23ch 徳光&木佐の知りたいニッポン!
という番組のご案内です(字幕の有無選択可能)

●徳光&木佐の知りたいニッポン!
〜ストップエイズ 早期発見があなたを救う


ゲストに、独立行政法人国立国際医療研究センター病院 
エイズ治療・研究開発センターの橋本亜希医師を迎えて20分くらい放送されています。

こちらからどうぞ↓
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4049.html
2011-01-18 20:42 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/54/
2011年01月08日
平成22年度「世界エイズデー」ポスターコンクール結果
平成22年度「世界エイズデー」ポスターコンクール
審査結果です。下のリンクからPDFでダウンロードもできますよヽ(*´∀`)ノ

○主旨 平成22年度「世界エイズデー」
 のポスターのデザインを、全国の小学校、中学校、高等学校に
在学する児童・生徒及び一般を対象に募集。
○主催 財団法人エイズ予防財団

http://api-net.jfap.or.jp/event/aidsday/2010poscon/2010_result/h22poster.html
2011-01-08 21:16 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/53/
2010年12月03日
RED RIBBON LIVE 2010 アーカイブ
この週末やお時間のある方へ先日の世界エイズデー
イベントの動画(期間限定)アーカイブのお知らせです。



東京でのレッドリボンライブの模様(全13)


主催:厚生労働省

総合フ゜ロテ゛ュース・司会 : 山本シュウ(ラジオDJ)

出演 : 相川七瀬、蒼井そら、アンジェラ・アキ(VTR出演)、
伊藤由奈、岩本愛吉(東京大学医科学研究所教授)、押尾コータロー、
小田和正、加藤鷹、Sunya、TERU(GLAY)(VTR出演)、ヒカリゴケ、
堀成美(聖路加看護大学助教)、道端アンジェリカ、RYO(ケツメイシ)、YANAGIMAN(50音順)


名古屋でのレッドリボンライブの模様(全12)


切っ掛けはなんでもいいと思うんです。
好きな歌手が出てたから、とか、なんとなく暇つぶしに
とか。そうして見聞きした知識はいつか必ず役に立ちます。

世界で新規感染者が減って、日本で増えて、
危機感を煽るわけじゃないです。ただ現実です。

HIVウイルス感染だけじゃなく、性行為で感染する細菌、ウイルス
その多くにコンドームは有効です。
そして、不特定多数を相手にすることのリスクをしること
どうしてもやむを得ないならば、最大限の防御を知って下さい。
お互いの為に、その後出会う人達の為にも。
2010-12-03 21:32 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/50/
2010年12月01日
12/1世界エイズデー イベント「RED RIBBON LIVE 」
「RED RIBBON LIVE 」とは?

日本のHIV感染者・エイズ患者の新規報告数は、
依然として増加傾向にあります。

この危機的な状況に歯止めを掛けるため、
ラジオDJ山本シュウを中心に、様々な著名人が各界から集結し、
ライブとトークを通じてエイズの予防啓発を呼びかけるイベントです。


RED RIBBON LIVE


「RED RIBBON LIVE」2010バナー
2010-12-01 16:59 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/49/
2010年11月29日
愛です! EDUCATION CAMPAIGN 11/30なんばHatch
愛です! EDUCATION CAMPAIGN

ギャルによるトークライブ!
明日11月30日なんばhatchにて開催されます!
詳しくは公式サイトからどうぞ♪
http://www.gal-radio.com/sweet-sexy/

以下、主催など引用
【主催】愛です!エデュケーションキャンペーン実行委員会(株式会社Twin Planet
【後援】厚生労働省FM OSAKA
【協賛】ジェクス株式会社 
【協力】HIVと人権・情報センター
(※)チャリティー/入場料の一部をチャリティープラットホームを通し、HIV検査相談所に寄付します。
2010-11-29 11:32 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/48/
2010年11月28日
Ustream de 世界エイズデー(イベントなど)
カウントダウン放送【サンスター】

Ustream de 世界エイズデー
11月30日(火)22時〜24時15分12月1日の世界エイズデー前日深夜、ライトアップされた東京タワーを背景に生中継!
HIV陽性者の方々と一般女性が生放送トーク。

http://jp.sunstar.com/7.0_press/2010details/2010_1126.html

こちらも素敵なイベントです

『ネイルにレッドリボンを』
キャンペーン概要 期間 : 2010年10月10日(日)〜12月15日(水)
主催 : (特活)シェア=国際保健協力市民の会、
サンスター株式会社
後援 : 厚生労働省、東京都
協力 : 草野順子アートスタジオ
URL : http://jp.sunstar.com/nail2010/
2010-11-28 11:53 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/47/
2010年11月21日
アスナル金山で「レッドリボンライブ」−エイズ予防啓発呼びかけ
今日の今日、ですが間に合う方は是非!

***

アスナル金山(名古屋市中区金山1)「明日なる!広場ステージ」で11月21日、エイズの予防啓発を呼びかけるイベント「RED RIBBON LIVE(レッドリボンライブ)」が開催される。名古屋での開催は今回が初めて。企画制作はFM AICHI。

詳細はコチラから
2010-11-21 11:00 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/46/
2010年08月07日
2010年AIDS文化フォーラムin横浜(8/6〜8)
間に合う方はぜひ!

●●2010年AIDS文化フォーラムin横浜●●

■2010年AIDS文化フォーラムin横浜 概要
   テーマ:他人ごと??

名称   : 2010(第17回)AIDS文化フォーラムin横浜
期間   : 2010年8月6日(金)〜8日(日)
場所   : かながわ県民センター(横浜駅西口徒歩5分) >>交通案内
主催   : AIDS文化フォーラムin横浜 組織委員会
共催   : 神奈川県(保健福祉局保健医療部健康危機管理課)
企画運営: AIDS文化フォーラムin横浜 運営委員会

後援 : 横浜市健康福祉局 川崎市 横須賀市 相模原市 藤沢市
横浜商工会議所エイズ問題対策懇談会 神奈川県教育委員会 
財団法人エイズ予防財団 ワイズメンズクラブ国際協会東日本区
事務局  : 横浜YMCA
2010-08-07 11:02 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/39/
2010年07月25日
モデルの小森純さんの検査体験
若い人に影響力のある有名人の方が
こうして、呼びかけてらっしゃる記事を見つけました。
当NPOでも、コンドーム無料配布など随時開催していますので
この機会に、気軽にHIV検査や予防、性感染症についての
正しい知識に触れてみませんか?

リンク: 小森純 人生初のHIV検査結果を公表 - 速報:@niftyニュース.
2010-07-25 02:36 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/38/
2010年01月15日
中国の大学に「コンドーム無料配布機」
Record Chinaさんの記事によると、中国ではキャンパス内に無人の「コンドーム配布機」を設置する大学が増えてきているそうです。

しかし、人目に付きやすい場所に置かれているため、恥ずかしくて利用できずにいる学生がほとんどだそうで、
もったいない話だと思いました。

まだまだ、敷居が高いですね。成人式で配布するとか、いつでも持ち歩くとか、そういう事がなかなか受け入れにくい風潮が、いつか勉強不足のせいだよ、と、
笑って話せる昔話になればいいのにな、と思います。
2010-01-15 19:33 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/32/
2009年12月01日
12月1日は世界エイズデーです
各地で、色々な催事が行われています。
インターネットからも動画配信などをご覧になれます。

RED RIBBON LIVE 2009
主催:厚生労働省

http://redribbon.channel.yahoo.co.jp/index.php?blogid=8

「愛する人を守るため」プロジェクト 
相模ゴム工業株式会社

http://sagami-gomu.co.jp/loveforall/
2009-12-01 10:08 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/31/
2009年11月28日
RED RIBBONリンクプロジェクト
厚生労働省主催のレッドリボン運動PRキャンペーンです。



RED RIBBON LIVE
2009-11-28 08:25 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/30/
2009年07月05日
エイズカフェ:学園祭で医学生がクイズ交え説明−山口大
毎日新聞(山口版)7月5日朝刊の記事より
藤沢美由紀さん・記
---------------------------------
 山口大(山口市吉田)の学園祭で4日、エイズを楽しく学ぶ「エイズカフェ」があり、大勢の参加者でにぎわった。
 同大医学部の学生約30人が実行委員を務め、学園祭では今年6回目の開催。参加者と学生が輪になり、談笑しながらクイズ形式で解説。医学生たちがHIVの感染経路やコンドームの正しい使い方などを分かりやすく説明し、参加者は楽しみながら耳を傾けていた。
 実行責任者の医学部医学科5年、徳永良洋さん(22)は「エイズの正しい知識を持ってもらい、少しでも行動につながれば」と話した。
2009-07-05 20:34 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/26/
2009年06月18日
HIV感染者1126人 6年連続で最多更新
6月17日20時0分配信 産経新聞さんの記事より
---

 厚生労働省のエイズ動向委員会は17日、平成20年に新たに報告された国内のエイズウイルス(HIV)感染者が1126人で、平成15年以来、6年連続で過去最高を更新したと発表した。新たに発症したエイズ患者も431人と過去最高となった。

 感染者の内訳は男性が1059人と全体の約94%。感染経路別では同性間の性的接触が最も多く779人(約69%)、次いで異性間の性的接触が220人(約20%)と、性的接触が大部分を占めている。年代別では10代19人、20代333人、30代428人、40代202人、50代以上143人、年齢不明1人だった。

 昨年12〜3月の四半期の報告数では、HIV感染者は249人と前回よりも43人減少したが、エイズ患者は124人と過去2番目に高い値だった。

***

6月18日9時8分配信 毎日新聞さんの記事より

 厚生労働省のエイズ動向委員会は17日、08年に新たに報告されたエイズウイルス(HIV)感染者とエイズ発症患者数の確定値を発表した。HIV感染者は1126人(前年1082人)、エイズ患者は431人(同418人)で、ともに過去最多を更新した。1日4.3人の感染や発症が確認されている計算で、いずれも50代の増加が目立つ。85年の最初のエイズ患者確認以降、08年末までの国内感染者累計は1万552人、患者は4899人になった。

 HIV感染者は6年連続の増加。日本人が1033人となり初めて年間1000人を超えた。感染者全体の約3分の2が20〜30代だが、50代も143人で前年より31人増えた。

 またエイズ患者は3年連続増で、50代(144人)が前年最多だった30代(135人)を抜いた。

 厚労省は「同性間の性的接触による感染者が増えており、若年層の感染が上の世代にも広がりつつある」と分析している。ライターさん→【清水健二氏】

***

6月18日0時14分配信 読売新聞さんの記事より


 厚生労働省のエイズ動向委員会は17日、2008年にエイズウイルス(HIV)に新たに感染した人とエイズを発症した患者の合計が、過去最多の1557人に上ったと発表した。6年連続で増加している。

 同委員会によると、昨年の感染者数は1126人、患者数は431人で、いずれも過去最多だった。日本人男性を中心とした、同性間の性的接触による新規感染者や患者が968人となり、全体の6割を占めた。
2009-06-18 10:34 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/25/
2008年12月27日
HIVの侵入阻害、日本初の感染症治療薬
12月25日17時59分配信 医療介護CBニュースさんの記事より、少し明るい兆しです。

***

 日本でのHIV感染者とエイズ患者が1万5000人を超え、推定感染者数が年々増加する中、ファイザーは12月25日、HIVの細胞内への侵入を阻害する日本初の抗ウイルス化学療法剤「シーエルセントリ錠150」(一般名・マラビロク)の製造販売承認を取得したと発表した。

 厚生労働省のエイズ動向委員会が発表しているHIVの新規感染者数は、今年6月30日-9月28日の3か月間で過去最高の294人に上るなど、日本では現在、感染者とエイズ患者が計1万5000人超と推定されている。HIV感染症の治療については、3系統の薬剤を組み合わせた「多剤併用療法」の確立で、感染者の生命予後は大きく改善した。しかし、薬剤耐性ウイルスの出現などで、新規薬剤が求められていた。

 「シーエルセントリ」は、「CCR5阻害剤」という新しい経口抗HIV薬で、「CCR5指向性HIV-1」の特定タイプのHIVが、患者の免疫細胞(主にリンパ球)へ侵入するのを阻害し、患者の免疫機能を保護する。既存の経口抗HIV薬が、HIVの細胞内での増殖を抑制することで効果を発揮するのに対し、「シーエルセントリ」はHIVの細胞内への侵入を阻害するため、既存薬が効かないタイプのHIVに感染している患者にも効果が期待できるという。

 「シーエルセントリ」は、米国ファイザーが開発し、今年11月現在、欧米など49か国で承認されている。
2008-12-27 18:15 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/23/
2008年12月01日
12月1日は世界エイズデーです(中国の話題)
温家宝首相、エイズ対策に自信と決意を示す
12月1日15時56分配信 サーチナ


 12月1日の「世界エイズデー」を前に、温家宝首相は「中国人は、エイズの予防と治療に対して自信と決意、能力を持っている」と強調した。

 温家宝首相は29日、安徽省阜陽市の農村部を訪れ、エイズ患者やエイズ孤児(エイズで親を失った子供)を見舞った。温首相は病室でエイズ患者と握手し、「前向きに強く生きていく」よう家族らを励ました。

 また29日夜の座談会で温首相は「中国では党や政府、民間も努力していることで、エイズ発症率の抑制に大きな効果が出てきた。今後さらに積極的に取り組んでいけば、エイズの防止と治療でより大きな進展を遂げられるだろう」と述べた。





中国のエイズ感染者26万人!増加幅は縮小へ
12月1日15時48分配信 サーチナ


 世界エイズデーの12月1日を前に、中国衛生部は30日に開いた記者会見で、「中国におけるエイズ感染の増加幅は縮小された」と発表した。

 08年9月30日時点で中国のエイズ感染者数は累計26万人、そのうち発症者は18.3万人に達し、死亡者数は3万4864人に上っている。2008年1月から9月までの報告によると、エイズ感染者と発症者は4万4839人、死亡者は6897人に上ったという。現在、中国では性的接触がエイズ感染の主因となっている。


※この記事は、中国で唯一対外放送を行う国家放送局の「中国国際放送局(CRI)」による提供です。現在、38の外国語、中国国内の4つの方言と43の言語で、世界200以上の国と地域に向けて放送しています。URL : http://jp1.chinabroadcast.cn/
2008-12-01 19:26 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/22/
2008年11月29日
大阪のHIV感染 最多200人超 「潜在」はさらに…
2008年11月29日(土)17時0分配信 産経新聞さんの記事です。


 国内のエイズウイルス(HIV)感染者・患者数が累計1万5000人を突破する中、大阪府内で今年、新たに判明した感染者・患者数が212人と過去最多を記録したことが29日、府立公衆衛生研究所のまとめで分かった。200人を突破したのも初めてで、数字には表れない「潜在感染者」も拡大しているとみられる。半年以内に感染した初期感染者も約1割おり、12月1日の「世界エイズデー」を前に、専門家は「氷山の一角。感染は確実に広がっている」と危機感を募らせている。

 ◆5年で倍増

 国内の感染者・患者数は、調査を始めた昭和60年以降、年々増加。今年9月までの累計で1万5037人に上っているが、感染の判明自体を恐れて検査を避ける「潜在感染者」はさらに多いとみられる。HIV疫学と予防に詳しい京大医学部の木原正博教授(社会疫学)は3万〜4万人と推定。「感染者は4〜5年で倍増しており、潜在感染者も同じペースで増加する可能性がある」と指摘している。


 感染原因は同性間の性的接触が42%を占める一方、異性間の接触でも35%に上り、特に若い世代に目立つという。


 府内でも感染者・患者数は増加の一途をたどっている。中でも、献血する際の2次感染予防検査で見つかるケースが他府県と比べて多く、その割合は、全国で今年新たに確認された86人のうちの約23%にあたる20人。HIV検査を目的に献血する「不適切利用」が多いのが原因とみられる。


 ◆検査は満員



 こうした状況に対処するため、府や大阪市は今年3月、大阪・ミナミに大阪検査相談・啓発・支援センター「chot CASTなんば」を開設。保健所などの従来の公的検査機関と異なり、検査時間を週2回の平日夜間や土日の午後に設定したことから、検査に訪れた人が増加した。この結果、感染者・患者数も増えた面もあるという。


 府立公衆衛生研究所ウイルス課の川畑拓也・主任研究員は「検査を受ける人が増えたのはセンター開設で利便性が高まったためだろう。しかし、まだまだ検査場所が少なく、十分な態勢とはいえない」と話す。


 特に簡易検査でその日のうちに結果が分かる日曜日は混雑。9月には定員の40人からあふれた100人を断ったケースもあったという。川畑研究員は「判明した感染者には、半年以内に感染した初期感染の人も1割弱はおり、確実に感染は広がっている」と危惧(きぐ)している。


 ◆不治でない



 「判明している感染者は氷山の一角。このままでは大変なことになる」と警告するのは、在阪のFM局で放送される自身のラジオ番組やライブ活動などでHIV感染予防を訴えてきた人気DJの山本シュウさん(44)。


 「感染してどうせ死ぬんだから、これからみんなにうつしてやる」。山本さんの番組などには、感染が判明してパニックになった10代の少女からこうした声も寄せられている。


 「不治の病」と恐れられてきたエイズは、副作用やコスト面などの課題は残っているものの、最近では治療法や発症を抑制する薬剤の研究も進んでいる。にもかかわらず、正しい情報が浸透していないこともあり、染みついた恐怖意識から検査自体を避け、潜在的な感染者・患者数を増やすという悪循環の図式に陥っているという。


 山本さんは「エイズ=死ではなく、予防もできる。差別や偏見が根強いが、その前にもっとエイズについて知識を深めてほしい。そして、まさかと思っていても検査に行ってほしい」と話している。



心当たりのある人は献血へ決して行かないで下さい。もし、感染していたとしても、決して本人に教えてはくれません。
2008-11-29 20:07 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/21/
2008年11月20日
HIV新規感染者が過去最多 感染・患者累計、初めて1万5000人超す
11月19日18時55分配信 産経新聞さんの記事より


 厚生労働省のエイズ動向委員会は19日、今年7月〜9月に新たに報告された国内のエイズウイルス(HIV)感染者数は294人で、4半期ベースで過去最多を更新したと発表した。今期で、昭和60年の報告開始以降、初めて感染者・患者数が1万5000人(薬害患者除く)を突破した。 新規のエイズ患者数は119人で、過去2番目に多かった。

 委員長の岩本愛吉東大医科学研究所教授は感染者の過去最多について、「男性の同性間性的接触で感染が局在的に広がっていることが影響しているのでは」と述べた上で「患者数は頭打ち傾向になっているが、エイズ発症前に病院で検査を受けてほしい」と話した。 感染者は過去最多だった報告より17人多い294人。そのうち、男性は282人(96%)と大半を占める。感染経路別では同性間性的接触が211人と最多で、ほとんどが男性だった。次いで異性間性的接触が54人となった。年齢別では30代が116人と最も多く、20代が83人と続いたが、40代以上の増加が目立った。

 エイズ患者119人のうち、男性は104人で約9割を占め、感染経路別では同性間性的接触が44人と最も多かった。

 一方、調査報告開始以降のHIV感染者とエイズ患者数の合計は1万5037人となった。


決して同性愛蔑視目的で、
掲載しているのではありません。
個人的意見ですが、異性愛者のほうが
多数派である、という概念から、同性愛者の
HIVに対する意識が高いだけであり、進んで検査に
行く等の事であって、実質的にHIVへの意識の低い
異性愛者のほうが、検査を受けるに至らないだけで
新規感染者は、水面下では確実に多いのではと思っています。

不特定多数との、コンドームを使用しない性行為は
本当に、危険だという事を、どうか理解して欲しいです。
2008-11-20 08:02 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/20/
2008年10月15日
上半期に4000人が死亡、感染経路は「性交渉」が増加―中国
9月26日18時37分配信 Record Chinaさんの記事です

2008年9月25日、中国国家衛生部疾病予防管理局は、中国において今年上半期に新たに2万2299人がHIV感染者となり、そのうちエイズ発症者は6892人、4007人が死亡したと発表した。6月までの累計ではHIV感染者は25万2748人を数え、そのうち発症者が7万3071人、死者は3万0883人であった。中国新聞網の報道。

感染経路は今まで注射器による感染が多かったが、昨年10月より性交渉による感染数に増加傾向が見られたが、その中でも特に男性間の性交渉感染が増加している。2005年には男性間の性交渉感染は0.4%であったが、現在は3.3%と増加。異性間での性交渉も10.7%から37.9%へと急増している。性病のうち28.9%がHIV感染者を占める。

HIV総合観測資料によると、60%が性交渉時に必ず避妊具を使用する。70%の男性同性愛者はこの半年間に不特定多数と関係を持ったと答え、そのときコンドームを使用したのはわずかに30%であった。また、男性が風俗店を利用する時にコンドームを使用したのは50%だという。(翻訳・編集/小坂氏)
2008-10-15 14:56 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/18/
2008年09月22日
増えるHIV、進む治療法
治療法についても日々進化していることがわかります。以下、検索で見つけました。今日の健康というテレビ番組の記事です。

Q どのように治療を進めるの?

A1 免疫細胞が減少するまで経過観察

 HIVに感染すると、免疫細胞(CD4陽性細胞)が徐々に破壊されます。免疫細胞の数は、健康な人で血液1マイクロリットル当たり約1000個です。HIVに感染しても、その数が350 個以上あれば、エイズを発症することはほとんどありません。350 個近くに減るまでは、定期的な検査で経過を観察します。
 免疫細胞数が350 個に近づいたら、治療の準備を始めます。現在、日本には約20種類の抗HIV薬があり、複数の薬を組み合わせるのが治療の基本です。薬の組み合わせは患者さんと医師が話し合って決めます。薬を選ぶ際のポイントは、作用の強さや、考えられる副作用、服用の継続しやすさなどです。



A2 免疫細胞が減少したら治療開始

 免疫細胞の数が350 個を下回ったら、治療を始めます。きちんと服用を継続しないと、薬の効かない「耐性ウイルス」が出現しやすいので、きちんと服用しましょう。以前は、1日の服用回数や1回の服用錠数が多かったのですが、最近は、1日1回数錠の服用で済むなど、服用に関する負担が軽減されています。
 最近は、治療効果も高まり、治療を受けながら何十年も普通の生活を送り、健康な人の平均余命近くまで生きることも可能になっています。ただし、エイズを発症すると、治療が難しく、重い感染症で命にかかわることもあります。早期にHIV感染を発見し、適切な時期に治療を開始することが重要です。

2008-09-22 21:49 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/16/
2008年08月22日
陽性者サポートライン関西
最近関西ローカルで流れているCM
ごらんになられましたか?

大阪では2日に1人HIV感染者が確認されています。
私達の活動は、予防とともに、感染者の方の
支援を、また、さらなる拡大の阻止を目標としています。

もし、陽性であることが判明しても、
無料で電話相談に対応してくれるサイトがあります。
ご紹介します。

陽性者サポートライン関西は、
HIV陽性とわかって間もない人のための電話相談です。
2008-08-22 00:32 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/14/
2008年08月08日
嵐・松本潤、カンボジアでHIVの現状取材
8月8日8時0分配信 サンケイスポーツさんの記事より


 人気グループ、嵐の松本潤(24)が日本テレビ系「24時間テレビ31『愛は地球を救う』」(30日後6・30)の企画で、このほどカンボジアを訪問。HIVの現状を取材した。

 7月末から5日間にわたり、母子感染児童120人が暮らす村や、症状が悪化した幼児が入院する病院などを取材。HIV問題の現実を知り、「印象的なのは子供たちの明るい笑顔。薬を飲み続けなければならない事実を受け止め、差別で心が傷ついても、笑顔を絶やさず暮らしています。そんな子供たちのために何ができるか、何が必要なのかを考える貴重な時間になりました」と振り返っている。

【関連記事】


松本潤24時間テレビでHIV母子と交流(日刊スポーツ)8日 - 9時46分
松本潤 24時間テレビでHIV患者取材(デイリースポーツ)8日 - 9時16分
嵐・松本潤、カンボジアでHIVの現状取材(サンケイスポーツ)8日 - 8時0分
2008-08-08 15:32 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/13/
2008年06月18日
村山康文写真展 エイズとこどもたち〜ベトナムからのメッセージ〜
ベトナムでHIVに感染しながらも「今」を生きる
人たちの写真展が神戸で行われています。

日本でも1万3000人以上が感染しています。
先進国で1番多いです。

若い人たちにもっと身近に感じてほしいです。
お時間が許すなら、と思いご案内させていただきました。

○「写真展」2008年6月13日(金)〜22日(日)10:00〜20:00入場無料
○《講演会》「ベトナム戦争とエイズ」2008年6月13日(金)18:30〜20:30参加費無料
○主催:神戸学生青年センター
2008-06-18 11:34 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/11/
2008年06月11日
HIVと、生きるという事
レッドリボンキャンペーン2008が
YAHOOで始まりました。

体験談にリンクをはりますのでご覧下さい。

HIVと、生きるという事
2008-06-11 16:13 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/10/
2008年02月13日
HIV 07年の感染、初の1000人超 厚労省調査
2月13日10時9分配信 毎日新聞さんの記事より

07年に国内で新たにエイズウイルス(HIV)に感染した人は1048人に上り、
初めて1000人を超えたことが12日、厚生労働省エイズ動向委員会の集計(速報値)で明らかになった。
10年間で約2.6倍になり、延べ感染者数も9392人と08年中に1万人を突破するのが確実になっている。

 新規感染者は5年連続の過去最多更新で、うち93%が男性。感染経路は同性間の性的接触が約7割、異性間接触が約2割、不明が約1割。年齢別では30代が全体の4割超、20代が約3割を占めるが、伸び率が高いのは40代で、7年間で61人から192人へと3倍以上に増えた。

 厚労省は「先進国の中では感染率は低いが感染が拡大しているのは事実で、今後は薬物注射の乱用なども警戒する必要がある」と分析している。

 一方、07年の新規のエイズ患者数は400人で、前年の406人から微減した。厚労省は保健所などでのHIV検査件数が前年より約4万件多い過去最高の21万4347件に達したことを理由に「未受診でいきなりエイズを発症する患者も依然多いが、検査で発症を防げているケースもある」とみている。
2008-02-13 14:21 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/7/
2007年12月29日
ACの2007年支援キャンペーン
エイズについての理解が深く、世界のエイズデーなどにも積極的に参加しているグレイのTERUさんがエイズ検査を呼びかけます。本人が検査に訪れた際のシーンを紹介しながら、「エイズは早期発見で発症を抑えられます」と検査を呼びかけます。
2007-12-29 09:48 | 記事へ | HIV・エイズ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/2/