担当者名:AOHブログ管理@祐子
●HIV感染その一歩手前にはSTIの蔓延。将来のパパママ予備軍にお伝えしたい情報

●震災支援河内避難支援
今後の活動について
 当NPOの活動は子どもの性教育に消極的なあまり、知っていれば防げたはずの
不用意な性感染症などについての呼掛けと、既に感染したかもしれない不安で
潰れそうな人へのメンタル面での寄り添いが出来ればと始めた啓蒙活動でした。

 主にはサイトでの情報発信とコンドームの無料配布をしてきましたが、
ちょうど去年の震災のころ、広報にご協力いただいていた巨大掲示板の
コミュニティが閉鎖したのを機に、プレゼントへの応募も止まってしまい
また、期を同じくして震災被災者・避難者支援を始めたことから
本来の活動はブログやセクシュアルマイノリティのコミュニティとしての役割もあるお店や
知人の紹介で紹介してもらう性風俗産業へのコンドーム配布と規模縮小しました。

 それに、今まで他団体さんとの繋がりに消極的であったため、存じ上げなかったのですが、
当方よりもっと素晴らしいアグレッシブな団体さんの存在も知りました。


例えばコチラなどです。
風俗嬢のためのSTD(性感染症)とからだの情報サイト−Girls Health Lab
http://www.girls-health.jp/

 当方、ほとんど理事の小林のやりたいようにやらせていただいておりまして
賛同者さまには感謝するばかりです。どなたにも迷惑を
かけないかわりに、全部身銭を切ってやってきました。
 そこで、この一年を通し考えた結果、これからの子たちの為に、毎日泣いてるママさんパパさんとその予備軍の若い人のために
今しか出来ない事があり、それをする人が不足している状況を重要視するようになりました。

 また、低線量被曝による、免疫の不全。
 生活の困窮に止む無く衛生管理の整わない場所での性風俗サービス業への従事。
 ストレスで抵抗力が弱っているところへの性感染症への感染、発症に困窮から診療に行けない人も出てくるかもしれません。

 その時にこそ役立ちたいですが、プライバシー保護の観点から専門機関への協力申し出も
そう簡単には受け入れてもらえず、足踏み状態です。

 ならば、とにかく今出来ることをしたいと考えました。
それが、被災者・避難者支援です。
今後は、こちらに重きをおいて長く継続して参ります。

長くなってしまいましたがどうぞ宜しくお願いします。

オールアワハーツ 代表 小林
2012-04-22 12:41 | 記事へ | 活動報告 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トラックバックURL:http://blog.4en.jp/allourhearts/1/trackback/102/
コメントを記入
(800文字以内)
お名前(必須)
パスワード:
メール⁄URL:
   
※ご投稿頂いたコメントは、団体の管理者により公開することができます。
公開されるまでは非公開となります。